建物診断設計事業協同組合中部支社

お電話でのお問い合わせ 受付:9:00-17:00
0120-931-224

ご案内

改修工事は
責任施工方式から設計監理方式にかわります。

 

1社の責任で設計・工事を行う時代は終わりました。
設計・監理と工事は公正な立場で分離し、施工が行われる時代になりました。
また、管理組合様とはパートナーシップで事に当り、
公正な立場で施工会社を選び、よりよい環境で改修工事が行われるべきです。

建診協とコンサルタント契約すると、次のメリットがあります。

  従来の方式 建診協方式
調査・診断
  • 調査した責任が不明確なことが多い
  • 費用は一般的に未請求(但し、施工費の中に含まれている場合が多い)
  • 診断時に特定メーカー仕様に片寄りやすい
  • 有資格者の改修設計者が調査にあたる為、
    責任が明確である
  • 中立的立場で総合的に判断にたてる
  • 明確に調査、診断のコストが計算されて請求できる
改修設計
施工会社選定
  • 一般的に過剰修繕になりやすく、高額工事費に導かれる
  • 施工業者があらかじめ決められている場合が多い
  • 工事費がどんぶり勘定になりやすい
  • 比較的に施工費が高くなるケースが多い
  • 設計に片寄りが出やすい
  • 改修設計に見合う最適な施工会社の選択ができる
  • 適正な費用の算出ができる
  • 2~3通りの設計仕様が組める(選択可)
  • 競争入札をすることによって、施工費が低減されやすくなる
施工/監理
  • 施工会社の仕様例に基づいて施工管理が行われる
  • 特定の施工業者の意向に添いやすい
  • 設計変更は、早く対応可
  • トラブルが発生しても施工業者側の立場を代弁しがち
  • 中立的な立場から工事を監理する
  • 厳正に設計者に従って施工が行われているかチェックできる
  • 施主の立場で解決にあたる
  • 明確な工事内容を指示できる